ゲーミングモニターとテレビの違い【テレビでは勝てません】

こんにちは、ユウキです。

テレビで、FPSゲームをしている人には、負けません。

 

「ゲーミングモニターを買おうと思っているけど、テレビとどんな違いがあるんだろう?」

「ぶっちゃけテレビで充分なんじゃないかな。」

 

こういった方は、本記事で「ゲーミングモニターとテレビの大きな違い」についてサクッと理解しておきましょう。

 

記事の内容

  • ゲーミングモニターとテレビの"大きすぎる"違い
  • テレビでは、勝てない簡単な理由
  • 【卒テレビゲーマー】おすすめゲーミングモニター3選

 

書いた人

記事を書いた人

 

ゲーミングモニターとテレビの差は、かなり大きいです。

違いは簡単なので、サクッとチェックしていきましょう。

 

 

ゲーミングモニターとテレビの違い

ゲーミングモニターとテレビの違い

結論ですが、ゲーミングモニターとテレビの違いは「圧倒的なスペック差」です。

 

テレビは、圧倒的に低スペックなモニターです。

 

テレビは、テレビ用です。

テレビはあくまで、映像を見るように作られているので、ゲームをするにはスペックが低すぎます。

 

 

テレビでゲームがNGな理由

いきなりですが、テレビでゲームがNGな理由は下記のとおり。

  • リフレッシュレートが遅い。
  • 応答速度がめちゃくちゃ遅い。
  • 画面サイズが適正でない。
  • ゲーム向け機能がない。

上記のとおり。

 

テレビでゲームをするには、デメリットがかなり大きいです。

 

 

ゲーミングモニターとテレビの違いを比較

ゲーミングモニターとテレビの違いを比較

ゲーミングモニターとテレビのスペックの比較表は以下のとおり。

テレビ ゲーミングモニター
リフレッシュレート 60Hz 144~240Hz
応答速度 15~75ms 1~5ms
ゲーム用機能 なし あり

上記のとおり。

スペックに差があるのがわかりますよね。

 

こちらの差の大きさについて、サクッと解説していきます。

 

ゲーミングモニターの必要性はわかったけど「どれを選べばよいかわからない」こんな方は【2022】ゲーミングモニター完全比較まとめ」から選びましょう!

【2022】ゲーミングモニター完全比較と、選ぶべきおすすめモデル。

続きを見る

 

 

リフレッシュレートの違い

リフレッシュレートの違い

リフレッシュレートとは、「モニターが1秒間に映像を更新できる回数」です。

 

いきなりですが、リフレッシュレート60Hzと144Hzはかなり世界が違います。

 

たとえば、下記のとおり。

60Hz:1秒間に映像を60回更新
144Hz:1秒間に映像を144回更新

上記のような感じです。

 

高い方がなめらか

モニターはリフレッシュレートが高いほど、滑らかな映像を表示できます。

 

「テレビの60Hz」と「ゲーミングモニターの140Hz」では、映像のなめらかさが2倍以上違います。

 

この違いは、ゲームじゃなくてもネットサーフィンとかしててもわかるレベルの違いで、ゲームにおいては確実に有利不利が出るレベルの違いです。

 

基本的には、上記を知っておけば十分です。

リフレッシュレートについて、もっと詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

【解説】ゲーミングモニターはリフレッシュレートが1番。

続きを見る

 

 

PCのスペックを無駄にしていますよ

せっかく良いスペックなパソコンを持っていても、テレビでプレイしていたら性能を発揮できずオワリます。

 

テレビのFPS値とモニターのFPS値

  • 例:パソコン側では、144fps出力→テレビは60Hzが限界
  • 結果:実際の映像は60fps

こうなっていたらザンネンです。

パソコンのスペックがもったいないですよね。

 

 

応答速度の違い

応答速度とは、「モニターの画面の色の切り替わる速度」です。

 

5ms(速い):シャープで鮮明な映像
15ms(遅い):遅延があり、残像感のある映像

上記のとおり。

応答速度の違いは映像に大きな影響がでます。

 

 

テレビの応答速度は、絶望的です...

テレビはテレビを見るためのものなので、応答速度は求められていません。なのでかなりで遅いです。

 

テレビでFPSをしていたら、敵の残像を追いかけてエイムしているなんてこともあるかもですね。

 

ゲーミングモニターなら、「応答速度1ms&残像を無くす機能」なんかもあります。

こういう人と対戦したらぶっちゃけ無理ゲーですよね。

 

 

ゲーム用機能の有無の違い

ゲーミングモニターには、ゲーム用の機能が搭載しているモデルもあります。

 

たとえば、下記のとおり。

  • 暗いエリアを見やすくする機能。
  • 映像の残像を無くす機能。
  • 画面のチラつきを無くし目の疲れを減らす機能。

などなど。

 

ゲーミングモニターというだけあるのでゲームで有利になる機能が搭載されていますよね。

これらがあることも、テレビでプレイしている人が不利になる理由の1つです。

 

こういったゲームを有利にする機能については、下記の記事をどうぞ。
» FPSで有利になるBenQの「DyAc」の効果とは?【解説】
» FPSで有利になるBenQの「Black eQualizer」を解説

 

 

画面サイズは合ってますか

画面サイズは合ってますか

意外と、関係ないと思われがちなのが画面サイズですが、重要です。

 

FPSにおいて最適な画面サイズは24インチだといわれています。

 

理由は以下のとおり。

  • フルHDを等倍表示できるから。
  • ゲームの公式大会で採用されているのは、24インチだから。
  • 単純に見やすいから。

上記のとおり。

 

ほとんどの人がゲームをフルHD画質でプレイしていると思います。

そのフルHD画質を等倍でモニター上に表示できるのが24インチです。

フルHD映像の引き延ばし率
21インチ 0.87倍
24インチ ±0
27インチ 1.12倍
29インチ 1.2倍

上記のとおり。

 

小さいと縮小され、大きくても引き延ばされ、画質の低下や歪みにつながり致命的です。

 

テレビの40インチとかでプレイしていたら画質が引き延ばされて、ゆがみが出て、そもそも目で追うのキツイです。

 

 

テレビでは、ゲーミングモニター使ってる人に勝てません。

テレビでは、ゲーミングモニター使ってる人に勝てません。

理由は、説明してきたとおり。

 

圧倒的なスペック差がありすぎて、ゲームで確実に有利不利に影響するから。

 

「マリオパーティー」や「どうぶつの森」みたいなみんなでわいわい楽しむ系のゲームであれば全然OKですが、FPSやアクションゲームをプレイするんだったらゲーミングモニターは必須な時代です。

 

 

そんなに値段は高くない

ゲーミングモニターはぶっちゃけそんな高くないです。だんだん値段が下がっているからです。

 

数年前であれば144Hzのゲーミングモニターとか5.6万くらいしてましたが、今は2.3万あれば余裕です。

メーカーの技術が上がってるのと価格競争のおかげですね。

 

昔FPSを初めたときは、まず速攻バイト代でポチりました。

 

PSや任天堂switch用であれば1万円あれば十分です。

 

悩んでいるより、ささっと買ってストレスなくプレイできた方がプラスのような気が僕はします。

 

ゲーミングモニターの選び方、比較まとめをチェックしたい方は、下記からどうぞ。

【FPS向け】ゲーミングモニターの失敗しない選び方【2022年版】

続きを見る

【2022】ゲーミングモニター完全比較と、選ぶべきおすすめモデル。

続きを見る

 

 

オススメゲーミングモニター【卒テレビゲーマー】

オススメゲーミングモニター【卒テレビゲーマー】

PSや任天堂switchなどの家庭用ゲーム機と、パソコンゲームではオススメするゲーミングモニターは違います。

 

それぞれ選び方とオススメを紹介します。

それぞれ、僕の今までの経験と知識より、ベストチョイスを紹介しますね。

 

 

PCゲーマー【144Hz】

PCゲーマーで「144Hzのモニターが欲しい」という方には、以下がベストチョイスです。モニターの画面サイズ別に2機種紹介します。

 

24インチ/144Hz 

正確には、24.5インチ/165Hzですが、この性能のモニターでは、こちらがオススメ。

 

理由は、コスパが最高業界レベル。

ASUSはPCから周辺機器までを網羅する大手メーカーです。さらにゲーミングモニターにおいては、コスパの高さからトップレベルに人気のメーカーです。

 

 

27インチ/144Hz

さきほどのモニターの27インチモデルです。やはり、27インチモデルが欲しい方にもASUSがオススメですね。

 

 

PCゲーマー【240Hz】

240Hzのモニターが欲しい人には、最強のモニターを紹介します。こちらも画面サイズ別に2機種を紹介します。

 

24インチ/240Hz

BenQのXL2546Kは、ゲーミングモニターにおいて最強といえるモニターです。

スペックの高さから各e-Sports大会の公式モニターとして採用されているモニターです。とにかく性能の高いモニターが欲しい人には、間違いなくオススメできるモニターです。

 

 

27インチ/240Hzモニター

24インチで紹介したモデルの27インチ版です。やはり、240HzモニターではBenQ ZOWIEのモニターが性能において頭1つ抜けているイメージです。

 

 

家庭用ゲーム機ユーザー(PS、switchなど)

PS4やswitchなどの家庭用ゲーム機では、そもそものフレームレートが最大でも60fpsです。専用のモニターとするならば、リフレッシュレートは60Hzで十分です。画面サイズごとに2機種を紹介します。

 

24インチモデル

日本製ゲーミングモニターです。

このモニターの機能は以下のとおり。

  • 長時間プレイでも目が疲れにくい「ブルーリダクション2・フリッカーレス」
  • 映像の明暗にあわせてバックライトの輝度を自動的に調節する「CREX」
  • 暗いシーンを鮮明に映し出すことで微妙な動きも察知できる「Night Clear Vision」

ゲーム用の機能が搭載されているため、ゲーム用に優れたモニターといえますね。

 

 

27インチモデル

24インチで紹介したモデルの27インチ版です。PS4やswitchなどを27インチの少し大きめのモニターでプレイしたい人は、こちらをおすすめします。

 

以上、ゲーミングモニターとテレビの違いについてでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ゲーミングモニターの選び方、詳しくは下記からチェックです。

【FPS向け】ゲーミングモニターの失敗しない選び方【2022年版】

続きを見る

 

人気記事【FPS向け】ゲーミングモニターの失敗しない選び方【2022年最新版】

人気記事【比較】各ゲーミングモニター 完全比較まとめ【2022年最新版】