【FPS向け】モニターのオーバードライブって知ってる?【図解あり】

「オーバードライブ機能ってなに?」

「オーバードライブすると、映像にどんな違いがでるの?」

 

こういった疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • モニターのオーバードライブとは?
  • オーバードライブの仕組みと弱点。

 

記事の信頼性

  • 記事を書いている僕はFPS歴10年以上。チームに所属し大会出場経験もあり。
  • ゲーミングモニター関係の記事を、50記事以上執筆しています。

 

「オーバードライブ」とは、少しだけややこしいですが、仕組みは簡単です。サクッと理解してゲーミングモニター選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

モニターのオーバードライブとは?

モニターのオーバードライブとは?

モニターのオーバードライブとは、下記のとおり。

  • 簡単に:映像のブレを減らす技術
  • きちんと:中間色層での応答速度を高速化し、映像の残像感を減らす技術

上記のとおり。

 

「モニター オーバードライブ」で検索して本記事を読んでいただいている人なら、上記でピンときてるかもです。

意味不明って人でも大丈夫です。解説していきますね。

 

ちなみに、オーバードライブ搭載のモニターは、こんな感じで表記されています。


» LDGC271UTB【I-ODATA 】

 

オーバードライブが応答速度の高速化につながっているのが、分かるかと思います。

 

 

オーバードライブを知る前に。

オーバードライブを理解する前に知っておくべきは、「応答速度」についてです。

下記が分かればOKです。

 

応答速度とは?

  • 応答速度とは、「映像の色の切り替わる速度」
  • 応答速度は、「映像の色の鮮明さ」に直結する。

上記が分かればOK。分からなくても、OKです。

 

モニターの応答速度については、こちらの記事でまとめてあります。1分ほどで読んでもらって戻ってくればバッチリです。

ゲーミングモニターの応答速度を1から解説【1msが最強はNG】

続きを見る

 

 

オーバードライブの仕組み

オーバードライブの仕組み

オーバードライブとは「応答速度を高速化し、映像の残像感を減らす技術」です。

 

具体的は技術は、下記のとおりです。

応答速度を高速化=液晶分子にかける電圧を、通常よりも大きく変化させ、色の変化を高速化させる。

 

(以下少し難しいですが、ゆっくり読んでみて下さい。)

 

液晶モニターの色というのは、液晶分子に加える電圧の変化で表示する色を変化させています。

この電圧を加える回路にオーバードライブ回路を用いることで、通常より大きく電圧を変化させ、モニターの応答速度を高速化させることができます。

 

 

電圧と色の変化図

オーバードライブの図解

 

オーバードライブの方が電圧の変化が速く、目的の色までの変化速度(応答速度)が速くなります。

 

 

モニターのオーバードライブの弱点

モニターのオーバードライブの弱点

次にオーバードライブのデメリットについて見ていきます。

 

オーバードライブには、ちょっとしたデメリットもあるので理解しておきましょう。

 

デメリットは、オーバーシュート(アンダーシュート)です。

 

オーバーシュート(アンダーシュート)とは?

オーバーシュートとは、色の変化時に、例えば、電圧30→70の際にオーバードライブが強いと、電圧30→75→70と瞬間的に、その色を超えた電圧がかかってしまうことです。

下記の図が分かり安いです。

 

 

電圧と色の変化図

オーバーシュート(アンダーシュート)を図で表すと上記のとおりです。

 

ぶっちゃけわかる人はいない。

デメリットと上げながらも、正直オーバーシュートって、映像見てて、絶対分からないです。

超スローモーションで目をギンギンにこらしてみても、人間にはわからないですね。

 

オーバードライブの効果については、映像見ててしっかりわかるので、メリットの方が大きいです。(当たりまえですが...。)
» オーバードライブ搭載のゲーミングモニターを見てみる

 

 

【まとめ】モニターのオーバードライブ

本記事のまとめは、以下のとおりです。

  • オーバードライブとは、「液晶分子にかける電圧の変化を大きくし、応答速度を高速化させ、映像の残像感を減らす技術」
  • デメリットも仕組み上あるが、実際は無いも同然。

上記のとおり。

 

最後にですが、オーバードライブ機能の有無はゲーミングモニター選びにあまり関係なかったりします。

ゲーミングモニターを探している方は、下記の記事をどうぞ。

【FPS向け】ゲーミングモニターの失敗しない選び方【2022年版】

続きを見る

【2022】ゲーミングモニター完全比較と、選ぶべきおすすめモデル。

続きを見る

 

ちなみに、同じく残像感を減らす技術の「ブラックフレーム」については、こちらの記事で解説しています。よかったらどうぞ。
» FPSで有利になるBenQの「DyAc」の効果とは?【解説】

 

 

人気記事【FPS向け】ゲーミングモニターの失敗しない選び方【2022年最新版】

人気記事【比較】各ゲーミングモニター 完全比較まとめ【2022年最新版】