【解説】スノーピークのお猪口が最高でした。【キャンパーレビュー】

こんにちは、ユウキです。

日本酒は、スノーピークのお猪口で飲んでいます。

 

スノーピークのお猪口を買おうか迷うなあ。

僕はスノーピークのお猪口を買うべきなのかな。

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • スノーピークのお猪口をレビュー
  • スノーピークのお猪口の特徴◯つ解説
  • スノーピークのお猪口を買うべき人は?

 

スノーピーク製品って少し値段高めで買うの毎回悩みますよね。スノーピークのお猪口も買おうか悩むと思います。

本ブログで徹底解説しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

※本記事は1分で読めます。

 

スノーピークのお猪口をレビュー

キャンプでも宅飲みでも使ってる、スノーピークのお猪口をレビューしていきます。購入の参考にどうぞ。

 

 

まずは、商品仕様

スノーピークのお猪口の仕様についてサクッと紹介します。

サイズ 58×43(h)mm
重量 25ml
材料 チタニウム
容量 55ml
リンク 公式サイト(売り切れ)
Amazon
楽天

上記のとおり。

 

この「材質:チタン」ってとこが素晴らしいんですよね。ここら辺について詳しく紹介していきます。

 

 

イケてる見た目。

「雪峰」と刻まれたチタン製のお猪口。めちゃくちゃ渋くてカッコいいですよね。

 

キャンプサイトでも、家飲みでも、雰囲気を作ってくれるお猪口です。

 

スノーピークの徳利と合わせるとマジでかっこいいです笑。

 

 

チタンが適温を保つ。

チタンは、保温保冷に優れているのでお酒を飲むお猪口に最適です。

 

スノーピーク公式サイトでも、「適温で美味しく飲めるチタン製のお猪口。」とあります。

熱燗、冷酒、どちらも適温を維持してくれるので美味しく飲めますね。

 

 

容量は、ちょうどよい。

容量は55mlです。

お猪口の容量はそれぞれですが、一般的には、45mlくらいです。

 

僕的使った感想は、ちょどいい感じです。

 

多すぎても、熱燗冷めちゃうのでこれくらいがいいかなってくらいです笑。

 

 

スタッキングも抜群。

キャンプ用品は、かさばらないに越したことはないですよね。

スノーピークのお猪口はスタッキングも良いんですよね。

 

写真のとおりで、すっぽり重なってくれます。

 

僕はこんな感じで、チタンマグの中に入れてるので容量はほぼゼロです笑。

 

 

落としても問題無し。

チタン製なので、キャンプで落としても問題無しです。

僕も酒が進むと、お猪口を倒したり落としたり、何度かあります...。

チタン製なので割れる心配はナシですね。

 

 

スノーピークのお猪口を買うべき人

というわけで、スノーピークのお猪口を買うべき人は、下記のとおり。

雰囲気のある、おしゃれなお猪口が欲しい人。

アウトドアでも使えるお猪口が欲しい人。

チタン製のお酒が美味しく飲めるお猪口が欲しい人。

上記のとおり。

こんな人は、買うと正解だと思います。

 

とはいえ、スノーピーク製品って少し高いですよね。

そんな人向けに、続きをどうぞ。

 

スノーピークのお猪口少し高いって人はコレ。

スノーピークのお猪口、やはり少し高いですよね。

スノーピークのお猪口に似た、検討できるものを紹介しますね。

 

Boundless Voyage 酒杯

Boundless Voyageは中国のメーカーですが、チタン製品には定評があります。チタンペグやプレートなどコスパの高さから人気ですよね。

お猪口も、1つ1300円なのでかなり安いです。

 

アサヒ(Asahi)チタンカップ

アサヒスーパードライのアサヒが出しているチタンカップです。

こちらも見た目かっこよく、検討してみてもいいかもです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

本記事が参考になれば、幸いです。

 

キャンパーさんは、よかったらこちらの記事もどうぞ。

【実験】スノーピーク ソフトクーラーの保冷力をレビューした。

続きを見る

【スノーピーク】僕がローチェアショートを1ヶ月悩んで買った理由。

続きを見る

 

人気記事【実験】スノーピーク ソフトクーラーの保冷力をレビューした。

人気記事【スノーピーク】僕がローチェアショートを1ヶ月悩んで買った理由。