【FPS向け】ゲーミングモニターの失敗しない選び方【2022年版】

FPSゲームを始めたいけど、ゲーミングモニターの種類が多すぎてよくわからん...。

自分に合ったゲーミングモニターが知りたいな。」

 

こういった悩みを解決します。

 

記事の内容

  • ゲーミングモニターの失敗しない選び方【コツ3つ】
  • 今ゲーミングモニターを買うならコレだ。

 

書いたひと

 

ゲーミングモニターは、決して安い買い物では無いですよね。

 

購入してあとから後悔しないよう、本記事で「ゲーミングモニターの選び方」を理解しておきましょう。

 

 

【FPS向け】失敗しないゲーミングモニターの選び方【2022年版】

【FPS向け】失敗しないゲーミングモニターの選び方【2021年版】

ゲーミングモニターの種類って、実はめちゃくちゃ多いです。

 

FPSゲーマーなら、FPSゲームに適したモニターを選択しないと、あとで100%後悔します。

 

よくある失敗の1つは、PS4用などの低スペックモニターを選んでしまうことです。

 

失敗しないためにも、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

 

少々長いかもですが、本記事を読めばもうマスターなので、ぜひゆっくり読んでみてください!

 

 

選び方のコツは、下記の4つです。

FPS向けのゲーミングモニターを選ぶコツは、下記の4つです。

  • リフレッシュレート
  • 応答速度
  • 画面サイズと解像度とパネル種類
  • 入出力端子

上記のとおり。

 

これらは全て「ゲーミングモニター選びのキホン中のキホン」です。

初心者の方でもわかるよう、1つ1つ解説していきますね。

 

 

リフレッシュレートは144Hzが必須です。

リフレッシュレートは144Hzが必須です。

「リフレッシュレートは144Hz以上」がポイントの1つです。

 

リフレッシュレートとは?

リフレッシュレートとは、モニターの画面の更新される速度

  • 60Hz=1秒間に60回画面を更新(カクカク)
  • 144Hz=1秒間に144回画面を更新(ヌルヌル)

上記のとおり。

映像のなめらかさに直結するのが、リフレッシュレートですね。

 

そして、モニターのリフレッシュレートは、「60」「144」「240」の3種類が主です。

60Hz PS4や任天堂Switch用
144Hz FPSゲームに十分
240Hz 十分すぎる

上記のとおり。

 

60Hzと144Hzってどれくらいの違いがあるの?

 

60Hzと144Hzの違いは、かなり大きいです。「ゲームで有利不利が出るレベル」ですね。

 

映像のなめらかさが、全然違うので、確実に有利不利がでます。

 

下記の動画を参考にどうぞ。

 

ちなみに、144と240Hzはどれくらい違うの?

 

144Hzと240Hzの差はわずかです。初心者の人だとわからないかもレベルの違いです。

 

プロゲーマーでも、144Hzを使っている人は大勢いるので、144Hzで十分ですね。

 

リフレッシュレートは144Hz以上、これがポイントの1つ目です。

 

 

応答速度は、5ms以下が目安です。

応答速度は、5ms以下が目安です。

ポイントの2つ目は、応答速度は5ms以下です。

 

応答速度とは?

応答速度:モニターの映像の色の切り替わる速さ。

  • 応答速度速い:鮮明な映像
  • 応答速度遅い:残像感のある映像

 

応答速度は、モニターの色の鮮明さに直結します。

 

少し、難しい話ですが、応答速度の選び方は「リフレッシュレート」によります。

 

参考は、下記のとおり。

リフレッシュレート 推奨応答速度
60Hz 16ms
144Hz 6ms
240Hz 4ms

 

計算式としては、下記のとおりで。(読まなくてOKです。)

リフレッシュレート60Hz→1秒間に60回更新→0.016秒に1回更新→16msに1回更新→応答速度16ms以下でないと残像が残る

上記のとおり。

 

リフレッシュレートにあった応答速度を備えている、モニターを選びましょう。

応答速度は5ms以下というのが、ポイントの2つ目ですね。

 

 

画面は「24インチ、フルHD、TNパネル」でOK。

画面は、24インチ、フルHD、TNパネルでOKです。

ポイントの3つ目は、画面についてです。

 

  • サイズ:24インチ
  • 画質:フルHD
  • 液晶:TNパネル

上記がベストな選択です。

 

「24インチ」「フルHD」がベストです。

理由は、24インチが1番見やすいことと、画質はフルHDで十分なことからです。

FPSゲームの世界大会の公式モニターは、ほぼ24インチフルHDですね。トッププロゲーマーが愛用するモニターも24インチフルHDがほとんどです。

 

パネルは必然的に「TNパネル」です。

液晶パネルは、3種類あります。特徴は下記のとおり。

TN VA IPS
リフレッシュレート
応答速度
色再現性
視野角
価格
適した用途 ゲーム 鑑賞 クリエイター

上記のとおり。

TNパネルは、高リフレッシュレートや、応答速度の速さが特徴です。

 

FPSゲーム用なら、必然的に「TNパネル」を選べばOKです。(そもそもゲーミングモニターは、ほぼTNパネルです。)

「24インチ」「フルHD」「TNパネル」が3つ目のポイントとなります。

 

 

入出力端子には、DPかHDMIを。

入出力端子には、DPかHDMIを。

ポイントの3つ目は入出力端子です。ここは簡単なので、サクッといきますね。

 

入出力端子とは?

モニターとパソコンを接続するケーブルのこと。

  • ケーブルは3種類。
  • 最大解像度や、最大リフレッシュレートが決まっている。

上記のとおり。

 

接続端子の違いは下記のとおり。

入力端子 最大解像度 最大リフレッシュレート(フルHD時)
HDMI1.4 4K  144Hz 
HDMI2.0 5K  240Hz
HDMI2.1 10K 240Hz
DP1.2 5K 240Hz
DP1.4 8K 240Hz
DVI-I 4K 144Hz
DVI-D 4K 144Hz

上記のとおり。※DP=DisplayPort

スペックはどれも十分なので、ぶっちゃけどの端子でも問題なしですが...。

 

DPとHDMIは音声も接続可能です。

モニターのスピーカーもたまに使うかな。みたいな人は、DPかHDMIで接続することをおすすめします。

DPの方が値段が安いので、僕は下記のDPを使ってます。

 

 

ポイントの4つ目は、接続端子についてでした。

 

 

今僕が買うならコレ。FPS向けゲーミングモニター

FPS向けオススメゲーミングモニター

ゲーミングモニターの選び方のポイント4つは下記でした。

  • リフレッシュレート
    →144Hz以上。
  • 応答速度
    →5ms以下。
  • 画面
    →24インチ,フルHD,TNパネル。
  • 入出力端子
    →DPかHDMIにするべき。

上記のとおり。

 

これら4つのポイントを完全に抑えた、「今ゲーミングモニターを買うならコレ」を紹介しますね!

 

おすすめNo1:VG258QR【ASUS】

Amazonで見る 楽天で見る

FPSゲーム用のモニターが欲しい方は、コレで間違いなしです。

記事を書く僕は、「VG-258QR」を2台ほど購入しています。
» 念の為、購入履歴画像

 

 

最強スペック:XL2546K【BenQ】

Amazonで見る楽天で見る

最強のモニターが欲しい人ならコレ。現世代で最高のスペックを備えたモニターです。

「DyAc」「BlackeQualizer」といったFPS向けの機能も備えられています。

 

とにかく、おすすめするモニターは上記です。

 

いろいろ比較して、自分で選びたい方は、下記の「ゲーミングモニターの比較まとめ」をどうぞ。

【2022】ゲーミングモニター完全比較と、選ぶべきおすすめモデル。

続きを見る

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。本記事が参考になったら幸いです。