【まとめ】登山での熊対策まとめ。【安全最優先で登山しよう。】

こんにちは、ユウキです。

登山が趣味です。

 

登山での熊との遭遇確率ってどれくらいなんだろう、少し怖いな。

登山での熊対策について、知識をつけておきたいな。

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 登山者なら知っておくべき熊のこと
  • 【登山用】クマ対策グッズと対処法をシェアします。

 

記事を書く僕

  • 登山歴:5年
  • 回数:20回くらい
  • 野生の熊を見かけた経験何度も有り

 

本記事では、登山者ならしっておくべき熊のことについて解説します。

登山をしている人、始めようとしている人は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

※本記事1分で読みきれます。

 

 

登山者なら知っておくべき熊のこと

登山はきれいな野鳥や、かわいい小動物などを目にすることができるのも楽しさの1つですよね。

 

とはいえ、熊といった遭遇をさけるべき動物もいるのも事実です。

 

そして、登山をするなら、熊のことについて絶対に知っておくべきです。

自分の身を守るため、そして熊を守るためにも、熊についての知識をつけておきましょう。

 

 

熊に合う確率は、誰でもあります。

熊は、基本的には人との接触を避けて行動しています。

とはいえ、山は熊のすみかです。人間の方が会いに行ってるようなものなので、登山では遭遇する確率はないとは言えません。

 

僕も熊はなんども見かけています。

登山道から、200mくらい外れた先で、子連れの熊をみかけたり。

登山口までの運転中に、熊とすれ違ったり。

登山と熊は、切り離せない関係だということを、再認識させられます。

 

 

登山者の熊の事件・被害

登山者の熊の事件や被害は過去に何件もあります。

 

<1970年福岡大ワンゲル部ヒグマ襲来事件>

北海道の日高山脈で起こった、歴史に残る悲惨な事件。

約3日間のクマから逃れられずに、5人中3人が命を落とした。

 

<2009年乗鞍岳クマ襲撃事件>

岐阜と長野の県境に位置する乗鞍岳で起こった。

バスターミナルには、1000人ほどの観光客が集まっていたがそこをクマが襲った事件。

野生のツキノワグマにより10人以上が重軽傷を負った。

上記のとおり。

 

熊の悲惨な事件は、過去に多くあります。

登山をするなら、他人事とは思ってはいけませんね。

 

 

熊の怖さ

ツキノワグマ

生息地 本州、四国
体長 約1.5m
体重 80〜130キロ

 

ヒグマ

生息地 北海道
体長 約1.5〜3m
体重 250〜500キロ

 

本州や四国には、ツキノワグマ。

北海道には、ヒグマやエゾヒグマが生息します。

 

熊の爪で引っ掻かれれば、簡単に人間の体は破壊されます。頸動脈を切られて、死亡事件に至るケースもあります。

また、熊に噛まれれば人間の骨は一瞬で粉々です。

 

続いては、登山における熊の対策についてシェアします。

 

 

【登山用】熊の対策グッズと対処法をシェアします。

登山中に熊に遭遇しないための道具。

もし、遭遇してしまったときのグッズや対処法について解説します。(参考:知床財団)

 

 

熊よけの鈴

熊よけと言えば、鈴とよく言われますよね。

とはいえ、熊はすずの音が嫌いというわけではありません。

 

鈴を鳴らすことで、「自分がココにいる」ということを熊に察知させます。

 

熊は、基本的に人を避ける習性があります。鈴を鳴らすことで、不意に遭遇する確率を下げる効果がありますね。

 

ザックにつけられる、カラビナやスナップ付きのものがおすすめです。
» アマゾンで「熊よけ鈴ランキング」を見る
» 楽天で「熊よけ鈴一覧」を見る

 

 

熊撃退スプレー

熊と遭遇しさらに近づいてきてしまったとき用のアイテムが「熊撃退スプレー」です。

撃退スプレーを活用して、熊との事故を回避した例もいくつかあるので、熊対策としてもって置きたいアイテムです。

 

熊の目撃がある山に、万が一入る際は、撃退スプレーは用意するべきですね。

こちらはアマゾンのレビューも評価高いです。命に関わるモノなので、確実なものを選んでおきたいところです。
» アマゾンレビューを見る。

 

 

熊と遭遇した時の対処法

まずは、落ち着くことが大切。

熊の様子に応じて、下記の行動を取りましょう。

 

<熊が気づいていない場合>

熊の様子を見ながらゆっくりと、場を離れましょう。

 

<熊が気づいている場合>

人間だということを伝えるために、大きく腕をふり、石や倒木などの段差にあがったりする。人間ということをアピールしましょう。

 

<熊が近づいてくる場合>

非常に稀なケースです。木の上など避難できる場所がなければ、倒木をもったり、大きな声と音を立てて人間ということをアピールしましょう。声を出したり、熊撃退スプレーの準備も必要です。

 

どれも、落ち着いて行動することが大切です。

 

走って逃げるのは、逆効果です。

びっくりしている熊をさらに怯えさせ、防衛的な攻撃を引き出す可能性があります。熊は60キロの速度で走ることもできます。走って逃げるは絶対にNGです。

 

ポイントとしては、下記のとおり。

 

  • まずは落ち着く。
  • 気づいていないなら、ゆっくり離れる。
  • 気づかれたら、熊に人間ということをアピールする。石に登ったり、腕を広げ体を大きく見せたりする。
  • 近づかれたら、更に大きく体を動かす。声を出して、人間アピールをする。

上記のとおり。

登山前には、必ず頭に入れておきましょう。

 

 

【まとめ】登山と熊のこと。

climbing-bear

最後に、本記事のまとめです。

 

登山と熊のことまとめ

 

 

以上、登山と熊についてでした。

最後までの読んでいただきありがとうございます。参考なれば幸いです。