【比較】オーディオブックサービスを比較したら、答えは1択でした。

こんにちは、yuukiです。

オーディオブックを毎日聴いています。

 

「音声読書を始めたいけど、オーディオブックって、どのサービスを始めたら良いんだろう。」

「僕はどのオーディオブックをはじめるべきなのかな。」

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

オーディオブックサービスを比較したら、答えは1択でした。

 

オーディオブックを始めたい方は、ぜひ本記事の比較を参考にしてみてくださいね。

※本記事は2分で読みきれます。

 

 

オーディオブック配信サービスを比較したら1択でした。

結論から言うと、Audible(オーディブル)の1択です。

とはいえ、6社サービスから比較したので、まずはそちらをどうぞ。

 

オーディオブックサービス8社の比較

オーディオブックを利用できるサービスをやっているのは、6社です。

比較は下記のとおり。

サービス名 システム 料金 コンテンツ数
Audible コイン制 ¥1500 約40万冊
audiobook.jp 聴き放題
購入
¥750
¥330〜
約1万冊
約2万7千冊
himalaya 聴き放題 ¥750 2万冊
kikubon 購入 ¥550〜 約400冊
digigi 月2冊購入 ¥1650〜 約3千冊
Lisbo 聴き放題 ¥1650〜 約3千冊

上記のとおり。

 

定期購入、聴き放題は聴いたことあるけど、Audibleのコイン制ってなんだろう。

 

毎月コインがもらえて、それとオーディオブックを交換するシステムのことですね。
これがわりとナイスです。詳しくは下記の記事をどうぞ。

 

【図解】Audibleコインの仕組みと活用術を3分で解説します。

続きを見る

 

 

コンテンツ数は圧倒的にAudibleがナンバー1

コンテンツ数は圧倒的にAudibleがナンバー1ですね。

Himalayaは、個人がラジオのように配信することができるので、コンテンツ数が多くなっています。

インフルエンサーなどのラジオをメインで聴きたい人なら、Himalayaがおすすめですね。

 

 

Audibleは天下のAmazonが運営している

AudibleはAmazonが運営しているというだけで、ぶっちゃけ選んでOKだと思っています。

「スマホなら、AppleのiPhone」って無心で決まってる人がいたらそれと同じです。

 

ベンチャー、老舗のオーディオブック配信サービスはいくつかありますが、Audibleのコンテンツ数、サービスには、まだまだ及ばずが現状ですね。

 

 

Audibleは、イマイチだったらやめればOK

Audibleは30日間無料体験ができます。

登録して使ってみて、イマイチだったら解約すれば実質無料ですね。

Audibleの登録については、下記の記事をどうぞ。

Audibleの使い方を、4ステップで解説します。【3分で完了】

続きを見る

 

 

結論:オーディオブックならAudibleなら失敗しません

結論としては、「まず、Audibleを使ってみる。イマイチだったら、解約。」

上記でOKです。

 

Audibleに興味があったら、下記のまとめをどうぞ。Audileについてサクッと使いこなしてみてくださいね。

Audibleの完全解説マップ

続きを見る

 

人気記事Audibleの使い方を、4ステップで解説します。【3分で完了】

人気記事【評判】Audibleの評判と口コミを集めました。1割はイマイチ。